でました!72年前のプルニエメニューでございます。
玄関係より、「ロビーを掃除していたら旧館時代のメニューを大量に発見しました!」という内線があり、ふたをあけてみますと、な、なんと1934年のメニューでした!
和暦にすると昭和9年頃でしょうか、72年も前のメニューです。

メニューの一番上には、
「TIFFIN A LA CARTE SATURDAY」
「DECEMBER 29 1934」

とあります。その横に
「Hours11.30A.M.to 2.00P.M.」
とありますので、どうやらメインダイニング「PRUNIER」のランチメニューのようです。

一番珍しかったのは、値段表記が○円○銭だったことです。
例えば、

Consomme Madrilene コンソメスープ     40銭
Grilled Woodcock 山鴨 鋼焼      1円50銭
Potato Salad ポテト サラド     30銭
Fraise Melba       苺アイスクリーム   60銭

ちなみにサラリーマンの月給は102円69銭だったとのこと。そして、日本語表記は、英語表記より難解ではございませんか!
「オルドウーブル仏蘭西風」→「オードヴル フランス風」
「トマト又ハ胡瓜サラド」→「トマト又はきゅうりサラダ」
「衛生ビスケット」→「健康ビスケット?」
などなど。

そういえば、以前宴会のお料理メニューカード作成をしていまして、「肉詰キャベツ」というものがございまして、何のことやらと悩んだのを思い出しました。答えは「ロールキャベツ」。なるほど、たまに社内で目にするレトロなメニューは、この時代から引き継がれてきたものなのですね・・・。

レトロでなかなか可愛いらしいメニューの表紙を、写真に撮っておきました。★K
「魚と貝の料理 プルニエ」「風雅なグリル食堂」
c0100275_14231989.jpg
c0100275_1425074.jpg

by kaikanad | 2006-10-26 10:22 | レトロ通信
<< 新しい秋のカクテルは、あっと驚...