人気ブログランキング |
4つのボージョレ・ヌーヴォー
今年のボージョレ・ヌーヴォー、お試しになりました?何でも一番に味わいたい私は、今年は「ボージョレ・ヌーヴォー解禁日スペシャル」というイベントに、上司・先輩達と参加。会場は東京會舘本舘1Fのシェ・ロッシニです。ご案内役のソムリエ2人による厳選ヌーヴォー4種と、米満シェフの季節のお料理はみごとにマッチしたものでした!
c0100275_13333924.jpg
c0100275_13335133.jpg
c0100275_1335893.jpg
まずは日本のヌーヴォーが登場。「シャトーメルシャン・ヌーヴォー」は、甲州とシャルドネを使って作られたもので、とってもあっさりした味でした。白ワインのヌーヴォー!?とはじめは少しびっくりしましたが、飲んでさらにびっくり!本当に若々しく、まさにヌーヴォー!といった味わいのワインでした。二番目はかわいらしい無色透明なボトルに詰められた「ルイテット・ボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」。このボトルは、ボージョレ村で100年前に流通されていたものだそうです。三番目はソムリエの一番お勧め、「ドメーヌ・シャサーニュ・ボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」。流通量が少なく、すぐに完売してしまうとの事。最後は「アルベール・ビショー・ボージョレー・ヌーヴォー」。私の中で、この日一番印象に残ったヌーヴォーでした!ヌーヴォーなのにわざわざ木樽を使用しているこのワインは、とっても深みのある味。私の中のボージョレ・ヌーヴォーに対する画一的なイメージを壊してくれた一杯でした。

まだまだ勉強不足で、ワインについては「好き・かわいい・美味しい」くらいしか言葉では語れなかった今年のボージョレ・パーティでしたが、来年はもっと楽しめるように勉強したいと思います!★K
by kaikanad | 2006-12-01 11:51 | 楽しいイベント
<< もうすぐクリスマス! Road to the 東京會舘 >>