人気ブログランキング |
可憐な脇役!東京會舘の化粧皿 ~中華編~ 
東京會舘の中で大活躍しているもののひとつに、化粧皿があります。宴会、婚礼、レストラン・・・。様々なシーンで登場する化粧皿ですが、特に中華で使用するものはカラフルでとっても綺麗です!
c0100275_17343563.jpg
c0100275_17354394.jpg

     
本舘B1F、「東苑」で使用しているのは朱色地に金色が綺麗に映えているこのオリジナル絵皿。個室をご利用のお客様用に使用しています。直径21cmのこのお皿の上に、薔薇の形に折り畳まれた藤色のナフキンをのせた状態でお客様をお迎えします。お皿の内側の藤色と、ナフキンの藤色が合っていてなかなかお洒落!でも、基本的にはこのお皿を見ていただけるのははじめの一皿が運ばれてくるまでの短い間。一皿目はこのお皿の上に運ばれてきます。
c0100275_1737147.jpg
c0100275_17395636.jpg

こちらは、浜松町東京會舘「離宮飯店」で、1991年の店内リニューアルに合わせて作製したモダンなオリジナル化粧皿です。この化粧皿、つくるのにデザインから始めて約3か月かかって完成したそうで、赤い花の色がイメージどおりになかなか出ず、メーカーさんは相当苦労したというお話です。こんなに綺麗な絵皿たちも、主役のお料理たちを映えさせる為にあるのです。お料理をお待ちになる間、どうぞ綺麗な絵皿を楽しんでくださいね!★K
by kaikanad | 2007-01-31 17:44 | レストランより
<< はじめてのブライダルフェア あの日、あの時代を生きた大切な記憶。 >>