カクテルと甘いデザートのマリアージュ
東京會舘1Fのメインバー。アンティークな柱時計や木製の椅子、味わい深いカウンター。どれもこれも「大人だけのために用意された」贅沢な空間。名物「會舘ジンフィズ」は戦後、アメリカの将校達が、昼前の明るいうちにアルコールをこっそり飲むためにジンフィズにミルクを混ぜて飲んだのがはじまりだとか。ちなみにかつて東京會舘メインバーでこの「會舘ジンフィズ」を作っていたかのトップ・バーテンダー吉田貢氏の銀座のバー「Y&M Bar KISLING」でも、「會館ジンフィズ」が飲めるそうですよ。
c0100275_9324941.jpg私の中で、以前からずっと「女性にも気軽にカクテルを味わってもらいたい」という思いがあり、チーフに「甘いデザートと相性のよいカクテルを作ってほしい」とお願いしたのですが、その時は本当に緊張しました。「銀座にある数多くのバーには、ここ東京會舘出身のバーテンダーも多くいると言われている有名な所なのに、こんなことを頼んでいいものだろうか」と。やはりというか、想像していたとおり「うちではケーキはちょっと出せないなぁ」とチーフは困った様子。「やっぱり難しいか…」と肩を落としたのですが、勇気を出してもう一度チャレンジ!「レストランの個室であれば」となんとか了承を得ることができたのです。
c0100275_9332698.jpgさて、出来上がった作品は私の想像以上に素晴らしいものでした。友の会のイベントで開催されたフラワーアレンジメントの会で、初めて披露されたその作品は、童話「シンデレラ」をイメージしたかぼちゃの馬車のデザートと、季節は秋だったので、秋の代表的なフルーツあんず、ざくろなどを使った美しいカクテル。名づけて「夕焼け色のカクテル」。デザートとカクテルの夢のマリアージュはとても好評でした。 ★H
c0100275_934228.jpg

/PHOTO By. M de Fleur 

~ 夕焼け色のカクテル レシピ ~
【材料】
カルバドス(アップルブランデー)10ml
アプリコットブランデー     15ml
フレッシュオレンジジュース   30ml
フレッシュレモンジュース     8ml
グレナデンシロップ(ざくろ)   8ml

①上記をシェイクして、ワイングラスに注ぎます。
※グラスにはあらかじめ氷を入れておきます。

②仕上げにりんごなどをお好みで飾ります。
by kaikanad | 2007-03-05 09:41 | レストランより
<< 老酒のカメ差し上げます    ... デザートをお好きなだけ! >>