DMで見よう!東京會舘の歴史。
c0100275_101569.jpgこちらは昭和34年~37年にかけて、日比谷で営業していた『クラブプルニエ』のDMです。「冷房完備」という言葉が印象的!当時、冷房設備がある飲食施設ばかりではなかったということですね。

c0100275_101233.jpgこちらは1965年、昭和40年の東京會舘旧本舘のDMです。トリコロールの色使いがレトロでかわいらしいですね。裏を見ると、住所が「丸ノ内三丁目十四番地」とあり、現在の住所とは違うのがわかります。

c0100275_104418.jpgそして同じ昭和40年に、 『銀座スカイラウンジ』も誕生しました。「東京ニューセンター15階」とあります。現在の「東京交通会館」のことですね。営業時間はなんと9:30~24:00まで!今よりさらにフル回転です!

c0100275_1075085.jpgこちらはその5年後、昭和45年のものです。旧本舘の四階にあったローズルームが背景になっています。シャンデリアが3基、バックに輝いています。

c0100275_108996.jpg
その2年後の昭和47年には、 『中国料理 東苑』が開店しました。文面に「新装なった東京會舘地階に、戦前のように又中国料理〈東苑〉が、開店しました。」とあります。戦後復興の雰囲気がでていますね!

これらのDMを見ていて、東京會舘だけでなく、東京の歴史も垣間見たような気分になりました。私達が現在作製しているDMも、このようにものめずらしがられる日が来るのかな・・★K
by kaikanad | 2007-03-22 10:23 | レトロ通信
<< 人気のエビのチリソース煮 本番さながら!毎回緊張する防災訓練。 >>