霞が関クリスタル限定 牛皮(ぎゅうひ)のクレープ
c0100275_955589.jpg東京會舘の中では、幸せなことに美味しいお菓子によく出会いますが、先日『霞が関 レストランクリスタル』で、また新たに美味しいケーキに出会いました!このケーキ、「牛皮(ぎゅうひ)のクレープ」です。いくつかケーキが並んでいる中で、ひとつだけクレープ型なのですぐに目に付きました。それに、本舘や他の営業所では見かけたことがないような・・・
K「このケーキ、めずらしいですね!中はどうなっているんですか!?」
キャプテン「ぎゅうひクレープですか?これは霞が関クリスタルのオリジナルなんです。中には生クリームとフルーツが数種類はいっていますよ。」
K「牛皮って、もしかして牛のエキスとかが入っているんですか?!」
キャプテン「残念ながら、そうではないんです。クレープの皮が牛皮のように滑らかなのでそんな名前がついたのだと思いますよ。それに、『求肥』と書くほうが一般的ですよ。」
私の頭の中では『牛皮』という漢字が真っ先に思い浮かびましたが、現在では『求肥』の方が一般的との事です。『求肥』は中国から伝わった餅菓子で、牛のなめし皮のようになめらかなので『牛皮』と呼ばれていましたが、日本ではその字を忌み、『求肥』と呼ぶようになったのだそうです。
c0100275_965079.jpg綺麗な白い皮の中をのぞいてみると、中には生クリームとフルーツが包まれています。可愛らしい外見、優しいお味、すぐにこのケーキが大好きになりました!こんなに美味しいケーキ、どうして今まで気がつかなかったのかな・・・。ちなみに社員の中にもたまにお土産に買って帰る人がいるそうです。やっぱり知っている人はちゃんと知っている名品だったのですね・・・。 ★K

※霞が関東京會舘は2008年3月31日をもちまして終了いたしました。
by kaikanad | 2007-05-28 09:20 | 眺め最高!クリスタル
<< シェ・ロッシニで人気の冷た~いスープ 一万円札の福沢諭吉像。 >>