今年の鮑は・・・?
毎年、楽しみにしてくださっているお客様も多い、人気メニュー、鮑。今年も鮑の季節がやってきました。今年はいい鮑!との評判をききつけ、早速プルニエへ。
c0100275_17452547.jpg今年の鮑は形がよく、500g前後!とつぶぞろい。調理前の鮑をみせてもらいましたが、500gは確かに大きいっ!!生きているのでうねうねと動いています。その大きさは、横に並べたレモンと比べてもわかりますよね。味は濃く、甘味も強いとのこと。鮑本来の味がする、とお客様にも好評だそうです。某有名歌舞伎役者さんも堪能されたとのこと。
鮑のコース料理では1杯の鮑をおふたりで召し上がっていただくスタイル。以前は1杯ずつおだししていただのですがボリューム的に少々多いのでは、とのお声があり、3-4年前から、このようにおふたりで1杯召し上がっていただくようになりました。1杯まるまる召し上がりたい場合は、アラカルトでどうぞ。
c0100275_17462080.jpgプルニエの鮑は千葉県の千倉産。ここの鮑の特徴は豊かな磯の香りです。鮑が主食にしている海藻の種類が豊富で良質なため、口に含」含んだときに、ふわ~っと磯の香りが広がり、そして噛むごとに甘味が出てくるのです。適度な弾力とともに、旨みを噛み締める、という感じ。調理法は網焼き、ロースト、蒸し焼きの3種類です。定番の※ベアルネーズソースは網焼きとともに。濃厚な中に爽やかな酸味が光る味わい豊かなソースです。このように、調理法にあわせて、それぞれ違ったソースが楽しめるのです。
c0100275_17464872.jpg鮑は老化、目疲れ、美肌に効くコラーゲン、セレン・セレニウムというガン、抗酸化作用に効く成分やタウリンが含まれており、栄養面でも優れているのです。

約3か月間の限定メニュー。私も、味わったことのないソースで鮑料理を楽しみたいな・・・。 ★J

※ベアルネーズソース:エシャロット・こしょう・エストラゴンセルフィーユにワインビネガー・白ワインをかけて煮つめる。ここヘ黄卵を入れ、湯煎にかけて掻きたて、バターの上澄みを加えながら、さらに掻きたてた滑らかなマヨネーズ状のソース。
by kaikanad | 2007-06-13 17:56 | レストランより
<< アペしない? 展覧会と展覧会の間には??? ... >>